sunny3210’s blog

SFPモジュールに興味がわいてきた。ここでモジュール関連の記事を紹介していきます! よろしくお願いいたします。

SONET/SDHとDWDM:違いは何ですか?

次世代のSONET(同期光ネットワーク)またはSDH(同期デジタルハイアラーキ)機器は、ネットワークトラフィックを継続的に運ぶためにネットワークに導入されています。従来のSONETと比較して、DWDM (高密度波長分割多重)は、シンプルなアーキテクチャ、スケーラビリティ、大容量のアド/ドロップ、複数のリング終端、マルチサービス、および複数のファブリックと見なされます。多くの場合は経済的な影響からDWDMとSONETのメリットを評価する必要があります。そして、それらの関係と違いを理解する必要があります。

SONET/SDHとは何ですか?

SONETとSDH

SONET/SDHは、ほとんどのメトロおよび長距離ネットワークに採用されている主要技術です。これは、異なる容量のデジタル信号を伝送することができる一群の光ファイバ伝送速度を指す。1990年頃の標準化団体からの出現以来、SDHとその変形SONET(北米で使用されています)は、光ファイバーに基づいた電気通信ネットワークの性能を大幅に向上させました。SDHの基本単位は同期伝送モジュールレベル1(STM-1)です。SONETの基本単位は、光搬送波レベル1(OC-1)です。OC-3、OC-12、OC-18、OC-24、OC-36、OC-48、OC-96、およびOC-192は、この基本レートから得られます。

PDHとSDH/SONET

PDH(プレシオクロナスデジタル階層)とSDH/SONETのTDMベースのネットワークは、長い間、セルラートラフィックのために標準的なトランスポート・プラットフォームを務めてきました。PDHおよびSDH/SONETは、最大アップタイム、最小遅延、およびサービス継続性を保証してバルク音声回線を処理するように最適化されています。SDHは、さまざまなベンダーの機器間の相互運用性とPDHシステムを置き換えるために作成されました。STM-1(155 Mbps)、STM-4(622 Mbps)、STM-16(2.5 Gbps)、STM-64(10 Gbps)およびSTM-256(40 Gbps)の間でいくつかの回線速度が定義されていて、信号階層は広く採用されています。

DWDMとは何ですか?

DWDMは、既存のファイバプラントに比べて帯域幅を増やすための最善の技術の1つと考えられています。1つの物理的なファイバ上に複数の「仮想ファイバ」を作成することができます。これは、光の異なる波長(または色)を光ファイバーで伝送することによってこれを行います。DWDMは当初、遠距離通信事業者に採用されました。増幅、分散補償、再生の支出が、地域および国内SONETネットワークのネットワーク機器コストの大半を占めていたからです。DWDMは、ローカル交換機の持ち運びがネットワークを拡大したときにメトロネットワークでますます普及しました。ファイバ消耗以外にも、トラフィック量は、メトロネットワークにDWDM技術を導入するための主要な経済的要因です。

图片1

DWDMは、光ファイバの低損失ウィンドウに対応し、いわゆるCバンドと呼ばれる1530ー1565nmの範囲で動作します。これは、エルビウム添加光ファイバ増幅器(EDFA)が動作する範囲です。許容波長/動作周波数のグリッドは、193.1THzの周波数、または1553.3nmの波長を中心とするITU-T当たりであり、その中心周波数の周りに25GHz(= 0.2nm)の倍数で間隔を置かれたあらゆる種類の周波数です。

DWDMレイヤはプロトコルビットレートに依存しないため、非同期転送モード(ATM)、SONET、および/またはIPパケットを同時に伝送できます。WDM技術は、伝送、スイッチングおよびルーティング全体が光モードで行われるアクセスネットワークである受動光ネットワーク(PON)でも使用されています。

SONET/SDHとDWDM:違いは何ですか?

過去のSONET

予想通り、SONETシナリオの初期コストは低くなります。トラフィック量が少ない場合、SONETアーキテクチャはDWDMアーキテクチャに比べてはるかに経済的です。FS.COMのモデリングでは、OC-3、OC-12、OC-48、およびギガビットイーサネットを使用するSONETオーバーレイネットワークを設計する場合、設計に4ー10 OC-192リングが必要な場合にSONETネットワークが最適です。

現在と未来のDWDM

トラフィック量が増加するにつれ、DWDMが最終的に普及し、ネットワーク技術の選択肢になります。このクロスオーバのタイミングは、スパン距離、価格設定、インタフェース密度などに対応しています。デマンドタイプの違いは、主に密度と価格の点で、これら2つのテクノロジのインターフェイスカードの設計効率によってもたらされます。FS.COMの調査によれば、スパン距離は、通常、ルート内の再生器、光増幅器、およびDCMの余分な要件を引き起こします。長いスパン距離は、中間ノードでファイバおよび光バイパス機能を効率的に利用するため、DWDMアーキテクチャに有利な傾向があります。

图片2

さらに、ファイバのコストが高くなり、ファイバの制約が適用される状況では、DWDMは光ネットワーク内に非常に多くのファイバを節約するため、SONETよりもDWDMを考慮する必要があります。DWDMシステムは、多数のチャネルに対して計画することができますが、成長に応じた成長戦略を使用ファイバストアの需要に基づいてチャネルを追加すること ができます。システムのアンプ距離と全体的なパワーバジェットは、最初からチャンネルの最終的な数量のために計算する必要があります。

結論

異なった選択肢と、まったく同じネットワークを設計する際にそれらの経済的影響は、間違いなく興味深い研究です。SONETのポイントツーポイントはより良いパフォーマンスを発揮します。これらの結果は、すべての状況に当てはまるとは限りません。ただし、大規模なネットワーク設計では、最適化されたネットワークが必ずしも単一のアーキテクチャであるとは限りません。ネットワークの一部はリングを採用し、別の部分はポイントツーポイントを実装することができる。通常、ネットワークの中核部分はDWDMアーキテクチャを正当化します。