sunny3210’s blog

SFPモジュールに興味がわいてきた。ここでモジュール関連の記事を紹介していきます! よろしくお願いいたします。

PONのABC:OLT、ONU、ONTおよびODNについて

近年、FTTH(Fiber to the Home)は世界中の電気通信会社から真剣に受け止められており、技術の急速な発展が見込まれています。FTTHブロードバンド接続を可能にする2つの重要なタイプのシステム、すなわちアクティブ光ネットワーク(AON)とパッシブ光ネット…

GPON FTTHアクセスネットワークの概要

PON(パッシブ光ネットワーク)ベースのFTTHアクセスネットワークは、非給電型光スプリッタを使用して1本の光ファイバを32-128の敷地内で使用できるようにして、構内ネットワークアーキテクチャに対する1対多の光ファイバです。FTTHネットワークは、シングル…

CWDM SFP+とDWDM SFP+:どちらを購入しますか?

テクノロジーWDMの出現により、CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールのような光トランシーバに異なる波長を割り当てることができ、ネットワーク容量を拡大して最適化することができます。CWDM SFP+およびDWDM SFP+モジュールは10Gイーサネットで使用され、す…

CWDM SFPとDWDM SFP:どちらを選択しますか?

SFP(Small Form-Factor Pluggable)は、マルチソースアグリーメント(MSA)規格、1―2.5ギガビットイーサネット、ファイバチャネル、およびその他の通信規格を満たすように設計されており、ネットワーク機器の互換性を保証します。市場のSFPモジュールにはラ…

パッシブDWDMとアクティブDWDM

インターネットの成長に伴って急速に拡大するデータネットワークトラフィックに対応するために、サービスプロバイダーは常にネットワークのファイバ容量と波長スペクトル効率を向上させることを検討しています。DWDW(高密度波長分割多重化)は、既存のファ…

CWDM Mux/Demuxとは何ですか?それをインストールする方法はなんでしょうか?

ファイバを追加することなく光ファイバネットワークの容量を拡張するために、粗波長分割多重(CWDM)技術が開発されています。CWDMシステムでは、CWDM MUX DEMUX(マルチプレクサ/デマルチプレクサ)が最も重要なコンポーネントであり、1つのファイバで複数…

CWDMテクノロジーについて知っておくべきこと

CWDMは、メトロおよび地域ネットワークのための波長多重技術です。1270-1610 nmの範囲で20 nmのグリッドまたは波長分離に基づいてITU-T G.694.2によって標準化されているため、1対のファイバで最大18のCWDM波長を伝送することができます。各信号は異なる波長…

DWDM MUX DEMUXのポートについて

ファイバを追加することなく既存の光ファイバネットワークを増やすためにWDMシステムを使用することは非常に一般的です。DMDM(波長分割多重)Mux/DeMux(マルチプレクサ/デマルチプレクサ)はWDMシステムの最も重要なコンポーネントの1つです。1Uハウジング…

WDMテクノロジーの基礎:CWDMとDWDM

遠距離通信リンクの急速な成長のために、より遠距離の大容量かつ高速のデータ伝送速度が必要とされます。これらのニーズを満たすために、ネットワーク管理者はますます光ファイバに頼っています。典型的には、容量を増やすために3つの方法があります。ケーブ…

SONET/SDHとDWDM:違いは何ですか?

次世代のSONET(同期光ネットワーク)またはSDH(同期デジタルハイアラーキ)機器は、ネットワークトラフィックを継続的に運ぶためにネットワークに導入されています。従来のSONETと比較して、DWDM (高密度波長分割多重)は、シンプルなアーキテクチャ、ス…

PoE IPカメラシステムにPoEスイッチの使用

PoEスイッチは、Cat5、Cat5e、Cat6などのネットワークケーブルを介してPoE IPカメラシステムに電源およびデータ接続を提供します。8ポートPoEスイッチは、単なるIPカメラシステム用の最も一般的なPoEスイッチの1つです。PoE管理スイッチをIPセキュリティカメ…

MTPコネクタとMPOコネクタ:違いは何ですか?

MPOコネクタとMTPコネクタは、高密度のアプリケーションに広く適用されているLCコネクタとSCコネクタの代替品です。MPOコネクタとMTPコネクタは、しばしば互換的に使用される2つの用語ですが、MPOファイバコネクタとMTPファイバコネクタの違いを混乱させるこ…

光ファイバコネクタの種類について

光ファイバコネクタの使用は、光ファイバシステムにおいて最大の関心事でした。 かつては光コネクタが扱いにくく使用が困難であったが、光ファイバコネクタメーカは近年大きく光コネクタを標準化し単純化してきました。これにより、光ファイバコネクタの使用…

シングルモードとマルチモードファイバ:違いは何ですか?

より高い帯域幅とより高速な接続の新たな要求は、光ファイバケーブルアセンブリ市場、特にシングルモードファイバ(SMF)およびマルチモードファイバケーブル(MMF)の成長を著しく向上させました。シングルモードとマルチモードファイバの問題点やシングル…

OM3対OM4マルチモード:どちらを選択すればよいですか?

マルチモードファイバ(MMF)は、電子機器を集中化することにより、リンク距離を延長し、ネットワークの信頼性を高め、コストを削減する機会を提供します。 OM3マルチモードファイバは、レーザ最適化ファイバを利用して短波10G光伝送に広く採用されています…

ネットワークスイッチとネットワークルータとネットワークファイアウォール

ほぼすべてのネットワークはネットワークスイッチ、ネットワークルーター、ネットワークファイアウォールで使用され、3つの基本デバイスがあります。ホームネットワーキングのような小規模ネットワーク用に1つのデバイスに統合することもできますが、大規模…

違いは何ですか:ハブとスイッチとルータ

ハブ、スイッチ、ルータ、彼らは何ですか? あなたはこれらのボックスの違いを知りましたか? 技術者の中には、ハブ、スイッチ、ルータという用語を同じ意味で使用する傾向があります。 実際には、彼らはそれらを操作するために熟練した経験を持っていますが…

光ファイバの長所と短所

光ファイバは、電気通信とデータ通信の両方において、電磁干渉(EMI)の影響を受けにくく、減衰が少なく、速度が速く、サイズが小さく、情報伝達容量が大きいという卓越した利点のために高まりつつあります。また、光ファイバの需要が大幅に増加しています。…

レイヤ2スイッチとレイヤ3スイッチ:違いは何ですか?

一般に、ネットワーク内のすべてのネットワークデバイスとクライアントデバイスを接続する場合は、レイヤ2スイッチが必要な基本デバイスの1つです。ネットワークアプリケーションの多様性が高まり、コンバージドネットワークの実装が拡大するにつれて、レイ…

GBIC vs SFP vsミニGBIC: 違いは何でしょうか?

GBICとSFPトランシーバは、主に光信号と電気信号の変換に使用される一種基本的に、SFPのサイズはGBICより小さいです。GBICとSFPの両方には様々なインターフェイスタイプがあり、それぞれのタイプは特定の光ファイバタイプと波長で動作します。ミにGBIC―GBIC…

XFP vs SFP+:違いは何ですか?

通信業界の急速な発展に伴い、光モジュールは、ネットワーク展開の高速要件を満たすために10G伝送容量にアップグレードされました。現在では、10Gファイバトランシーバシリーズには主に10G XENPAK、10G X2、10G XFP及びSFP+を含まれています。XENPAKは、10GE…

SFPモジュール:それは何ですか?それを選択する理由は?

光トランシーバは、光ファイバ接続に必要なスイッチ、NIC(ネットワークインタフェースカード)、メディアコンバータなどのネットワークデバイスを接続するために広く使用されています。この記事では、15年以上にわたり業界で活躍してきたSFPモジュールを取…

QSFP-40G-SR-BD Vs. QSFP-40G-SR4モジュール

データセンターのネットワークは、アクセスレイヤで10Gbps、アグリゲーションレイヤで40Gbpsに移行しています。ただし、40Gbpsの接続性をサポートするためには、データセンターの設計者は配線インフラストラクチャをアップグレードする必要があります。40G光…

FS.COM SFP 光モジュールソリューション

SFP(Small Form-factor Pluggable)は、また「mini-GBIC」として知られてい、ネットワークスイッチのSFPポートに接続し、そして反対側のファイバチャネルとギガビットイーサネット(GbE)光ファイバケーブルにつながるホットスワップ可能なトランシーバです…